体質別の漢方茶でボディバランスを整える

 
タイチスタジオには、体質別に漢方茶をご用意しています。その日の体質にあったお茶や、季節ごとにお勧めのお茶などを取りそろえた「タイチカフェ」が併設されており、会員様は自由にお召し上がりいただけます。
毎日おすすめのブレンド茶をご用意しているほか、常時多数の茶葉を取り揃えていますので、体調やお好みに合わせてご自身でブレンドもできます。レッスン前後にお召し上がりいただくことで、タイチエクササイズの効果がさらに高まることが期待できます。
また、ご自宅や仕事先でも飲みたいというご要望にお応えして、携帯に便利なお茶もご用意しています。

ボディバランスを示す8つの証

ここでは8つのボディバランス「証」ごとに、心身の特徴と体質改善におすすめの漢方茶をご紹介します。
気不足
胃腸の働きが弱っていて気を作り出す力が少なく、活力不足。食べすぎや冷たいものの摂りすぎは、胃腸に負担がかかるので注意を。
気不足
気不足ならこのお茶を
血不足
血が体内に十分行き渡らないため、各部位が栄養不足に。十分に睡眠をとり、血のもととなる食材をよく食べましょう。
血不足
血不足ならこのお茶を
熱不足
熱が少ないために水分の巡りが悪く、皮膚にポチャポチャと水がたまりがち。体を冷やさないようにして、十分休息をとりましょう。
熱不足
熱不足ならこのお茶を
水分不足
水分が足りないために熱が強くなり、体内が乾燥気味に。過労や睡眠不足、ストレスなどが原因なので、これらの解消を心掛けて。
水分不足
水分不足ならこのお茶を
気の滞り
気の巡りが悪く、部分的に気が過剰にたまった状態。ストレスや抑うつ感、心配ごとが原因なので、リラックスを意識しましょう。
気の滞り
気の滞りならこのお茶を
血の滞り
血の巡りを導く気が不足しているか滞っており、血の巡りが悪い状態。冷えや月経痛なども表れやすいので、ストレス解消を心掛けて。
血の滞り
血の滞りならこのお茶を
熱過剰
熱だけでなく水分も過剰で、2つが合わさったドロドロしたものが体内に蓄積。甘いものや辛いもの、脂っこいものは控えましょう。
熱過剰
熱過剰ならこのお茶を
水分過剰
熱不足により水分の巡りが悪く、体内に水分が過剰に蓄積。水太りの傾向があります。水分を摂りすぎず、適度に運動をしましょう。
水分過剰
水分過剰ならこのお茶を